×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

唐音の切抜

トップページ高知県の観光四国の河川高知の河川仁淀川唐音の切抜

高知市春野町〜長浜

土佐藩の奉行職、野中兼山は、現在の春野町一帯の平野を灌漑し、浦戸湾と結んで水運の便宜をはかるため、新川川の開削を計画し、慶安元年(1648)から5年の歳月を費やし完成させました。この工程で最も苦労したのが、諸木村の唐音の鳥坂山を長さ百メートル、高さ三十メートル、幅十二メートルにわたって切り抜く工事でした。ここを過ぎると新川川は通称長浜川と呼ばれ、その昔は桜堤が連なり、浦戸湾十景の一つに数えられました。(看板引用)

唐音の切抜

仁淀川へ戻る  高知県の観光へ戻る 
高知の河川へ戻る  仁淀川ドライブマップへ戻る
 新川川へ戻る  野中兼山へ戻る