×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

大町桂月像

トップページ高知県の観光四国の河川高知の河川仁淀川大町桂月像

佐川町

大町桂月(1869〜1925)文学者
明治2年1月24日高知市北門筋に生まれる。父通は土佐藩お馬廻り150石の武士、家は明治9年江ノ口に移り風呂屋をはじめる。明治43年富山房の雑誌「学生」を主宰して大正7年にいたる。その間、史伝、随筆、紀行文、人生論等大量のものを書きその文体は一時一世を風靡するおもむきがあった。大正14年6月10日青森県の蔦温泉において胃潰瘍で没した。57才、弟子の田中貢太郎とともに酒仙として知られている。

大町桂月像

仁淀川へ戻る