×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

安徳水

トップページ高知県の観光四国の河川高知の河川仁淀川安徳水

横倉山

安徳水は、文治元年(1185年)屋島の合戦で敗れた平家一門が安徳帝を擁しこの地に落ち延びられ平知盛外八十余名が天の高市(武家屋敷跡)に二十五軒の住を構え、都とした折に、この泉水を供御水とされたとされている。また、これより200年前、横倉山が日本国霊峰四十八カ山の一つとして有名になった頃、修験者の清め水として使用されたとも伝えられている。(看板引用)

安徳水

仁淀川へ戻る  高知県の観光へ戻る 
高知の河川へ戻る  高知県の山へ戻る
名水・湧水へ戻る