×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

うばが森

トップページ高知県の観光四国の河川高知の河川仁淀川うばが森

吾川郡いの町

養甫は、鎌田城の戦い前に幼い「ちい」を抱いて成山に移り住んでいたが、「ちい」は幼くして亡くなり、鎌田城の戦いで、長男弥次郎・二男虎王・波川一族郎党全てを失う。養甫はこの時から、「うばい」(女性の仏教信者)となって供養一筋に生きる。村人や養甫の手によって仁淀川の小石(たもと石)がうばが森に運ばれたのもこの頃である。

うばが森

仁淀川へ戻る  高知県の観光へ戻る 
高知の河川へ戻る