×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

キンメイモウソウチク

トップページ高知県の観光四国の河川高知の河川仁淀川キンメイモウソウチク

高岡郡日高村

高岡郡日高村のモウソウチク林の中に、キンメイチクのような黄色の縦縞が入ったモウソウチクが生育している。大正時代の末期ごろ見つかったもので、当時の竹林の所有者橋詰直昌氏によると、竹藪の中で一本だけ色変わりの竹があることに気付いたとのことである。昭和16年(1941)、当時の東京大学教授中井猛之進博士が来県した際調査し、「金明孟宗竹」と命名して発表した。昭和37年(1962)、県の天然記念物に指定後は、この竹の子はいっさいとられないで保護している。

(文化財書より)

キンメイモウソウチク

仁淀川へ戻る  高知県の観光へ戻る 
高知の河川へ戻る  高知県の文化財へ戻る