×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

純信堂

トップページ高知県の観光四国の河川高知の河川仁淀川純信堂

土佐市

「土佐の高知のはりまや橋で坊さんカンザシ買うをみた」

この民謡ヨサコイ節の主が、五台山南の坊の純信であり、山のふもとの大野うまである。うまは大野新平の長女で十七才の美人。純信は高岡郡戸波村市野々の江渕要作の長男 要である。文政二年(1819)十月十日の出生、うまよりは二十才年長で三十七才 二人の恋愛は火と燃えて安政二年(1855)五月手に手を取って駆け落ちをした。そして讃岐琴平神社一ノ坂高知屋で捕らえられたその後、うまは須崎に追放、純信は藩外追放となり、その後の消息は今にはっきりしていない。この悲恋のロマンスはアメリカのニュージャージー州の小学校の音楽教科書に採録されている。

(看板引用)

純信堂

仁淀川へ戻る  高知県の観光へ戻る 
高知の河川へ戻る