×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

土佐勤王党北添桔磨先生記念碑

トップページ高知県の観光四国の河川高知の河川仁淀川土佐勤王党北添桔磨先生記念碑

日高村岩目地

北添桔磨:1833〜1864
北添桔磨は日高村岩目地の庄屋の家に生まれた。文久三年(1863)二月に脱藩し、能勢達太郎や小松小太郎らと共に蝦夷地の視察を行った。その成果が龍馬を触発し、彼の蝦夷地開拓の構想にも大きな影響を与えた。桔磨は蝦夷地視察後も京都中心に尊王運動を続けたが、元治元年(1864)六月、池田屋の変で新撰組に殺害された。享年30.

土佐勤王党北添桔磨先生記念碑

仁淀川へ戻る  高知県の観光へ戻る 
高知の河川へ戻る