×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

片岡利和邸跡

トップページ高知県の観光四国の河川高知の河川仁淀川片岡利和邸跡

佐川町

佐川町指定文化財
高知藩士永野(長野)氏の次男として生れ盛(守)馬といった。鳥の巣村那須橘蔵(橘造)の養子となり深尾領主につかえた。小躯であったが大刀の持主として近郷に聞こえ、剣道に長じた。元治元年(1864)田中光顕らと共に脱藩し国事に奔走する。明治維新後、片岡利和と改名し明治天皇の侍従をつとめるなどして男爵を授けられた。墓は東京青山にある。那須家の墓地は、この邸跡の上にある。
(看板引用)

片岡利和邸跡

仁淀川へ戻る  高知県の観光へ戻る 
高知の河川へ戻る