×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

牧野富太郎先生誕生の地

トップページ高知県の観光四国の河川高知の河川仁淀川牧野富太郎先生誕生の地

佐川町

むかしここに、岸屋という大きな酒造りの家がありました。文久2年(1862)、牧野富太郎先生はこの家に生まれました。子供の頃から友達と遊ぶより、草や木を友として遊ぶのが好きでした。10歳の頃名教館で勉強し、後に小学校へ入学しましたが2年でやめ、それからはすべて自分で、むずかしい英語やラテン語などの勉強をしながら、植物学の研究を続けました。東京大学での研究中は、独学であったため大変苦しい研究の連続でした。先生はその苦しさを乗り越えて「日本の植物誌」や「牧野植物学全集」「牧野新日本植物図鑑」など、りっぱな本を次々と著わし、世界でも有名な植物学者となりました。後には日本学士院会員に選ばれ、亡くなってから文化勲章をうけられました。「草をしとねに木の根をまくら花を恋して50年」このうたのように先生は、自分の好きな植物学のために95年の一生をささげました。
(看板引用)

牧野富太郎先生誕生の地

仁淀川へ戻る  高知県の観光へ戻る 
高知の河川へ戻る  高知県の歴史人物へ戻る