×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

錫杖かたし(ヤブツバキ)

トップページ高知県の観光四国の河川高知の河川仁淀川錫杖かたし(ヤブツバキ)

いの町吾北

樹齢:400〜700年 胸高直径:100cm 樹高:13m
椿の樹形が、僧侶や山伏の持つ「錫杖」に似ていることからこの名で呼ばれている。根元の祠は、高橋家の先祖で狩の名人だった弥十を祭り、その墓印として植えられたものという。また、山伏に姿を変えた平家の落武者を祭っているともいわれる。いずれにせよ祭られている人は子供好きだったらしく、「かたし」に上がって遊んでも落ちてけがをする子供はいない。根元は7尺程埋められているという。
(看板引用)

錫杖かたし

仁淀川へ戻る  高知県の観光へ戻る 
高知の河川へ戻る  仁淀川ドライブマップへ戻る
高知県の河川にある巨木