×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

大引割・小引割

トップページ高知県の観光四国の河川高知の河川仁淀川大引割・小引割

仁淀川町別枝

国指定天然記念物

天狗の森と鳥形山のほぼ中間点海抜千百十メートルに位置し、白木谷層群(古生代二畳紀)に属する赤色及び赤褐色のチャート(珪岩)にできた二本の亀裂である。大引割は長さ約八十メートル、幅三〜八メートル、深さ三十メートルの大亀裂。小引割は長さ百メートル、幅一、五〜五メートル、深さ二十メートル、三十メートルの間隔でほぼ平行して東西に走っている。成因については、第4洪積世(百万年〜二万年前)の隆起を伴う地殻変動により生じたという説もあるが、有史以前の大地震によってできたという説が有力である。このような巨大な亀裂が、現在も埋没せずに残っているのは学術上貴重であるとして、国の天然記念物にしていされている。
(看板引用)

大引割・小引割

大引き割り国道入口

Aの地点は下の様な看板あり(トレッキングコース入口) Bの地点は大引き割り入口駐車場&登山口(ここから約5分)

大引き割りトレッキングコース 大引き割り駐車場 大引き割り登山道入り口

大引き割り現地地図

仁淀川へ戻る  高知県の観光へ戻る 
高知の河川へ戻る