×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

長者の大銀杏

トップページ高知県の観光四国の河川高知の河川仁淀川長者の大銀杏

仁淀川町長者

樹高:約15メートル 推定樹齢:1200年 根元の周り12m 目通り11m

県指定天然記念物
昔は3本立ちで、木の高さは、40メートルの見事な大銀杏でした。文化13年長者村の庄屋であった高橋嘉大平が、十王堂の改築時に、3本の内、一幹を用材として切りました。その後大正2年の火災で地上9メートル以上が焼失、また大正4年の台風により他の一幹が、地上6メートルから倒伏しましたが、樹勢を回復し、一本で森のような大樹になっていました。しかし、昭和45年の台風10号でまた樹冠がひどく傷められたが、不思議にも樹勢はますます旺盛で特に秋の紅葉は素晴らしいものがあります。

長者の大銀杏

仁淀川へ戻る  高知県の観光へ戻る 
高知の河川へ戻る  仁淀川ドライブマップへ戻る
高知県の河川にある巨木