×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

武田正晴墓所(勝頼の子)

トップページ高知県の観光四国の河川高知の河川仁淀川武田正晴墓所

吾川郡仁淀川町

武田正晴については、武田勝頼の三男で幼名は武田小三郎・松村六太夫・寺村六太夫ともいう。幡多郡平田村寺山住人松村右京秀春の養子に、別の系図には天正二年(1574)甲斐にて出生母は三枝三郎春友の娘、父勝頼共に土佐に、その節に僧二人が来ていて、一人は大崎(寺村)の成福寺に一人は幡多郡安並の石見寺に僧侶となる。寺の世話で松村右京源秀春の養子になり。後寺村に移り寺村を名乗るとも、また「寺村寺の段に葬る」と系図に書かれていて、堂の裏に墓があります。

武田正晴墓所(勝頼の子)

仁淀川へ戻る  高知県の観光へ戻る 
高知の河川へ戻る