×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

蓮池城主大平氏累代の墓所

トップページ高知県の観光四国の河川高知の河川仁淀川蓮池城主大平氏累代の墓所

土佐市蓮池

蓮池城は、蓮池権頭家綱によって始まったが、源氏の台頭により家綱は、頼朝方によって討たれた。その後は、建久3年(1192)源氏方の藤原国信が守護に任ぜられ、大平氏を名乗って蓮池城に入り、代々勢力の拡張を図り、一方では文化の高揚につとめ、社神の造営修築を行うなど多くの事績を残している。応仁の乱後、群雄割拠の時代に入ると土佐七族の雄に数えられた大平氏も、一條房基の軍に追われ、天文15年(1546)城主国興は戸波積善寺に自刃し、350年余高東の地に豪族として君臨した大平氏は滅亡した。この地四方寺には、かつて同名の菩提寺があって、ここに累代の塚が祀られている。なお、自刃した積善寺には、大平国興主従の墓がある。
(看板引用)

蓮池城主大平氏累代の墓所

仁淀川へ戻る  高知県の観光へ戻る 
高知の河川へ戻る