×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

横倉の木

トップページ高知県の観光四国の河川高知の河川仁淀川横倉の木

横倉山

牧野博士の発見・命名によるヨコグラの木
1884(明治17年)年、土佐が生んだ世界的植物学者・牧野富太郎が発見し、この木(横倉宮右隣)をもとに1898(明治31)年に新種「ヨコグラノキ」と命名し学会に発表した基準標木の貴重な木である。樹齢は160年ほど(2009年)現在と思われる。クロウメモドキ科の落葉高木。花は黄色で7月に咲き、8月に暗赤色の実が熟す。葉が片側に2枚ずつ並んで付き、樹皮の網目状の模様が特徴。
(看板引用)

横倉の木

仁淀川へ戻る  高知県の観光へ戻る 
高知の河川へ戻る  仁淀川ドライブマップへ戻る
  高知県の山へ戻る